人を知る

総合コース

李 歌

李 歌(2017年入社)
営業・オペレーション本部 オペレーション統括部

森トラストグループの総合力に魅力を感じて入社を決意
旅行が趣味で様々な地域を訪れる中で、旅の満足度を左右するのが宿泊先だと実感して、観光サービスに従事したいと思うようになりました。2014年に中国から来日して、大学院で都市計画を専攻しました。宿泊先も含めて地域の魅力を伝えるといった街づくりも学んだことで、ホテルや不動産、投資に関わる会社が連携して同じ目標に向かって進む森トラストグループとしての総合力に魅力を感じ、入社を決めました。ホテルの現場経験がないと本社の仕事も成立しませんので、1年目は「東京マリオットホテル」での研修から始まりました。初めての裏方の仕事は想像以上の大変さで、学ぶことも多かったです。2年目からは第一希望の部署であった本社でホテル運営を統括する部署に配属され、前向きな気持ちで仕事に取り組んでまいりました。
沖縄の島ならではのウェルネス体験プログラムを開発
入社2年目に2018年12月にオープンした「イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古(以下、イラフ SUI)」のウェルネスコンシェルジュのメンバーとして現地に向かいました。当社としても初の試みとなる、精神と身体のバランスがとれたライフスタイルの実現をサポートする「ウェルネス体験プログラム」を開発するため、琉球大学で沖縄の歴史や文化をはじめ、ハーブ、ヨガ、スパなどを学ぶとともに、この地域ならはでの体験ができるよう、地元の方とも話し合いを重ねました。そして、島の語り部の方の案内でスピリチュアルスポットをめぐるアクティビティやハーブティ作り体験などをホテルオリジナルのプログラムとして提供することができました。実際に、お客様が神秘的な体験や天然ハーブに感動する姿を見て、心がふるえました。伝統的な文化や風習、自然に感銘を受けながら、地元の方の力を得て実現した企画だったので、貴重な経験となりました。
さまざまな経験を積むことで、仕事の幅を広げていきたい
「イラフ SUI」での日々は、本社勤務の経験を挟んで2度目のホテルでの仕事となりました。ホテルを運営サイドから見るという視点を得たことで、ホテルにおいて個人という小さな存在がホテル全体にどんな影響を与えるのかといった、一歩引いた視点で物事をとらえることができるようになったと感じます。
現在はオペレーション統括部で、担当ホテルの運営状況を主にコスト面から管理しています。担当ホテルの支配人と意見を交わしながら試行錯誤の日々ですが、徐々にサービスなどが改善されていくと、自分の小さな力が良い結果に反映されたと、達成感があります。当社は自分がやりたいことをはっきり伝えると、尊重して応援してくれます。マーケティングや人事など同期が所属する他の仕事も面白そうですし、都市計画を学び「イラフ SUI」の経験からディベロッパー関連にも興味がわきます。今後も好奇心を持って、さまざまなことに挑戦していきたいです。
他の人を知る